TOPICS

  1. ホーム >
  2. TOPICS >
  3. 令和3年度 第6回 講演会 実施概要
  • TOPICS
  • 講演会のご案内
  • 事業活動報告

TOPICS

お役立ち情報及び最新ニュースをお知らせします。

令和3年度 第6回 講演会 実施概要

主 催
(一社)神奈川ビルヂング協会 教育啓発委員会
開催日時
令和4年3月8日(火)14:00~16:00
会 場
神奈川中小企業センター 13階 第3会議室
講 演
①「横浜市の防災対策」
②「横浜駅周辺の防災対策」
講 師
①横浜市 総務局 危機管理室 危機管理部 緊急対策課
 担当課長 根本 博之 氏

②横浜市 都市整備局 都心再生部 横浜駅・みなとみらい推進課
 担当係長 川橋 隼人 氏
参 加
当日出席17名(申込19名)
資 料
①レジュメ
②「横浜市の防災対策」
③「横浜駅周辺の防災対策」
内 容
資料に基づき、パワーポイントにて詳細内容を含め説明された。

①「横浜市の防災対策」
◇横浜市の防災計画の概要について
・S36年災害対策基本法が制定、 ・防災計画の体系、 ・横浜市危機管理指針、
・横浜市防災計画の構成

◇地震対策について
・過去の大規模地震の教訓、
・関東大震災:国家予算の4倍の被害額、大規模経済災害、火災と避難の問題、
 避難場所の指定へ、
・阪神淡路大震災:国家予算の4倍強の被害額、大規模経済災害、圧死による死亡→
 住宅の耐震化、家具の固定、避難対策、ボランティアの受け入れ
・東日本大震災:横浜でも被害、帰宅困難者の発生→防災計画の見直し、地震防災
 戦略の策定、よこはま地震防災市民憲章へ、減災と人命最優先の対策強化へ。
・熊本地震、大阪北部地震、北海道胆振東部地震など。
・今後の地震発生について:発生確率、直下地震の切迫性、南海トラフ地震の影響、
 横浜市地震被害想定について。
・地震被害に対する対策について:津波対策、火災対策、帰宅困難者対策。

◇風水害対策について
・増加傾向にある短時間強雨、16年台風22号の被害、20年7月の豪雨、26年台風18号
 の土砂災害、30年西日本豪雨の水害被害、元年台風15号の被害、→避難勧告等に関
 するガイドラインの改正、想定区域の指定土砂災害防止法による警戒区域の指定、
 ハザードマップ作成、公表。避難等のための防災情報、緊急速報メール、横浜市が
 発信する防災情報、Eメール、ツイッター、防災センター。


②「横浜駅周辺の防災対策」
◇エキサイトよこはま22(横浜駅周辺大改造計画)
・必要性、・構成 ・まちづくり戦略、・重点的なプロジェクト、
・基本方針の治水、防災について、
・組織体制、・横浜駅周辺の防災に係る組織体制:混乱防止対策会議、
 帰宅困難者対策部会、防災検討部会、水のまち検討部会。
・現状、・完了した事業と取組。 

◇横浜駅周辺地区都市再生安全確保計画
・作成経緯、・対象範囲、・位置づけ、・震災対策と津波対策。

◇横浜駅周辺の防災対策
・応急活動について、・防災ガイドライン、・混乱防止対策マニュアル、
・総合防災センター、・センターを含む情報受伝達の流れ、
・地域の対応ルール(心得、考え方)地震版、津波版。

◇防災啓発活動
・津波避難マップ、 ・滞留者・帰宅困難者避難マップ、
・検索システム、 ・啓発ポスター、・デジタルサイネージの動画について。


【質疑応答】・帰宅困難者への情報困難と避難問題について
      ・災害時の電力対応について 

※中小ビル事業所等の事業継続計画(BCP)や防災計画作成に参考となる。 

第6回講演会の動画視聴をご希望の方は下記フォームよりご連絡ください。
講演会記録動画の視聴申込みはこちらから

令和3年度 第6回 講演会 実施概要
令和3年度 第6回 講演会 実施概要

 

ページトップへ戻る