TOPICS

  1. ホーム >
  2. TOPICS >
  3. 「中小ビル経営問題研究委員会」見学会 実施概要
  • TOPICS
  • 講演会のご案内
  • 事業活動報告

TOPICS

お役立ち情報及び最新ニュースをお知らせします。

「中小ビル経営問題研究委員会」見学会 実施概要

開催日時
令和4年2月3日(木)14:00~15:10
場 所
稲村眼科クリニック
中区伊勢佐木町5丁目125番地・伊勢佐木クイントパラディオ
行 程
① 1階の受付→2階の多目的ホールへ移動
② 牛山委員より、概要説明
③ 院長よりスライドにて概要説明(15分程度)
④ クリニック見学(医院内)
  (1階:受付委・検査室・外来診察室、2階:手術センター)
⑤ 意見交換など
その他
染防止のため、マスク着用、手の消毒などを実施。
概 要
◇牛山委員の所有ビル:伊勢佐木クイントパラディオの1階、2階のテナント
◇ビル:稲村眼科(稲村幹夫)1998年~入居。上部は分譲住宅、一部は賃貸
◇医院の賃貸床面積:約973㎡専有。約266㎡共有
◇眼科医院:
 ・周辺の医院より紹介された患者へ白内障や緑内障の手術を主。
 ・コンセプト:日帰り手術を主。患者の満足。職員が楽しく仕事ができるなど。
 ・立地選択:人の流れ、分り易さ、紹介しやすい。駅から近い。
       周辺の医院(紹介する)が多い。広い面積が必要。1階2階の低層。
       エレベーター(後から設置)がある。設備(電気、水など)が充分。
       オーナーの理解。美しいビル(女性患者の清潔感の要求)
 ・当初2階130坪入居し、広く拡大化。(北海道の経験、外国は必然)
 ・1階140坪、2階220坪の活用:
  ゆったりした空間のメリットは患者や職員が享受。ミーチング、待合室など
  落ち着く。医者仲間との勉強会。広い休憩室で良環境。
 ・職員:医師7名(常勤4名、非常勤3名)5名主力。看護師、事務員等
 ・手術:年間約2,000件。手術待ち12週。外来57人・日。紹介率80%。
 ・TV紹介ビデオを視聴:ハナマル番組。白内障手術内容。安全性あり。
 ・手術:多焦点レンズは眼鏡がいらなくなる。1人に時間をかけられる。
     翌日に手術内容をビデオ視聴し説明している。
 ・設備:カルテなど電子化。会計の支払いも機械化。天井内の空間あり。
     ハイレベルの空気清浄。手術機械の荷重も対応(550kg/㎡)
 ・方針:人に喜びを。患者の我儘を聞く心得。好きな事を掘下げて出来ること。
     職員皆で考え、やる気ある行動。好きな事をやってもらう。

 ◇見学の感想:
 ・他の医院と比較しゆったりし、清潔な空間。・感染対策の有効性。
 ・ビルオーナーとテナントの相互理解の好印象。
 ・テナント誘致、テナント要望対応、維持管理体制、地域配慮などに
  参考となった。
参加者
中小ビル経営問題研究委員会:6名+事務局長
委員長:谷川公一
委 員:牛山裕子,吉田嘉一郎,高島太郎,德永三朗,渡邊俊郎(会長)
事務局長:塚田洋一

「中小ビル経営問題研究委員会」見学会 実施概要1

「中小ビル経営問題研究委員会」見学会 実施概要2

「中小ビル経営問題研究委員会」見学会 実施概要3

「中小ビル経営問題研究委員会」見学会 実施概要4

 

ページトップへ戻る