TOPICS

  1. ホーム >
  2. TOPICS >
  3. 令和元年度 第4回講演会記録
  • TOPICS
  • 講演会のご案内
  • 事業活動報告

TOPICS

お役立ち情報及び最新ニュースをお知らせします。

令和元年度 第4回講演会記録

主 催
(一社)神奈川ビルヂング協会 教育啓発委員会
開催日時
令和元年 9月11日(水)10:00~11:15
会 場
神奈川中小企業センター 13階 第1会議室
講 演
「横浜のオフィス市場の動向」
①2019年の横浜ビジネス地区の最新状況
②これからの横浜ビジネス地区の見通し 等
講 師
三鬼商事(株)横浜支店 支店長 早川 智之 氏
聴講者
36名(申し込み39名)
資料
①レジュメ
②最新2019年 横浜 「賃貸オフィスビル市場の動向について」
③横浜の最新オフィスビル市況 201908調査月報
概要
参加者:35名、事務局1名、計36名
【内容】
1  全国のオフィスビル市況
   2019年7月 :札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡
        (対前年同月比)・平均空室率は、札幌以外は、DN。
                ・平均賃料は、全てUP。

2  横浜ビジネス地区オフィスビル市況
・横浜ビジネス地区 主要4地区:関内、横浜駅、新横浜、みなとみらい21
   延床面積500坪以上、統計対象棟数416棟、延床面積約128万坪、貸室面積約81万坪
・2019年7月時点前年同月比:空室率2.25%(DN)、空室面積18,317坪(DN)、平均賃料11,666円(UP)
・募集面積と成約面積の推移、地区別平均空室率の推移、地区別平均賃料の推移
       (市庁舎移転の影響が徐々にあるが、全体市況としては悪くない)
・空室のあるビル比率、空室面積の推移(2012年過去最高・空室面積84,679坪)                   (2019年7月・空室面積 18,317坪)

3  川崎、本厚木の 地区市況
・川崎駅周辺 平均空室率の推移、平均賃料の推移(棟数少なく、大型の特徴)
・川崎地区のオフィス市況 空室のあるビル比率
             (平均空室率2019.07:1.94%)
・本厚木駅周辺 平均空室率の推移、平均賃料の推移
・本厚木地区のオフィス市況 空室のあるビル比率
             (平均空室率2019.07:11.13%)

4  2020年以降竣工・予定ビル
・新規供給量の推移(延床面積): 2020年 2棟 60,074坪、
                 2021年 2棟 36,866坪
・2020年以降の竣工・予定ビル・みなとみらい21~横浜駅
  ①仮称 横浜グランゲート2020.03
  ②横浜市庁舎2020.春
  ③仮称 横浜ゲートタワー2021.09
  ④ 仮称 LGグローバルR&Dセンター2021.11
  ⑤MM53街区プロジェクトWEST棟2023.11
  ⑥JR横浜タワー2020.03

5  2020年以降竣工予定ビル 海老名
・仮称 海老名駅間開発OFFICE PROJECT 2021.12

6  本日のまとめ
・空室率の改善が更に進む、関内の空室や2021年の新築ビルに注目。
・事務所不足になり、解約予兆がある物件も出てきた。
・賃料上昇も続いている。

7  質疑応答
◇賃料に共益費は含むか?
  →みなとみらい21地区は含むが、以外は含まないケースあり。
◇テナントが求める付加要素は?
  →駐輪場な横浜地区は無いが、駐車場や24時間稼働など相応。
◇市庁舎移転の影響は?
  →市が借りていたビル動向から始まるが、賃料は同じか若干上がる程度など。


(筆 事務局)一般社団法人 神奈川ビルヂング協会 事務局長 塚田 洋一

令和元年度 第4回講演会

 

ページトップへ戻る